スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作ってみました

ちょっと前の話ですけど。


100均でかぎ針と毛糸を買って

keito


こんなパーツを編んで

parts


綿を詰めました。

wata


more...

スポンサーサイト

ダウン

コナン(右):「ママ~ッ、おにーちゃんが遊んでくれへーん!」

rc


ラン(左):「仕方ないやん。おにーちゃん達は風邪ひいてしんどいねんから」

rc



息子二人とも撃沈。(-_-;)
デカイ男が二人もゲホゲホ咳きこみ、ジュルジュルと鼻をかむ、不健康極まりない家になってます。




電話

学校を休む時には電話連絡をすることになっている次男の中学校。
私はいつもクラスと名前を名乗ったあとに、『○○で休ませていただきたいので、××先生にお伝え下さい』と言います。

が。
電話に出た先生はほぼ100%、人の話を半分しか聞いていません。
『休ませていただきたい…』のあたりで、『わかりました』と言って受話器を投げつけるようにガチャンッ!と切ってしまわれます。

何年何組の誰が休むのかを知ったらもう用がないのでしょうが、他に伝えたいことがあっても途中で切られたら言えないじゃないですか。それも受話器を投げつけるようにガチャンッ!と切るなんて言語道断。大人の対応ではありません。


電話はかけたほうが先に切るもんだ、受話器はそっと置くもんだ、受け取ったほうは相手が切るのを待ってから受話器を置くもんだと幼き日に教わりましたよ。

人の話は最後まで聞きましょうと子供達に教える立場の先生方が、話の途中でガチャンッ!と受話器を投げつけるようでは困ります。誰からも教わらなかったのでしょうか?




『受話器はそっと置きなさい! (`皿´)』
r

そうよ、ラン。
言ってやって、言ってやって~。



べろんちょ

いつものように私にくっついてランを牽制しているコナン。

ちょっと呼んでみよう。
コナ~ン。

画像 208



コナン:「なんや?」

c


舌が横からべろんちょと出てるがな。



日本庭園?!

秋祭りのお神輿が練り歩く中、太鼓の音にビビる黒毛親子を連れてお神輿から離れるようにお散歩していたら、2時間近く歩いてしまいました。(だって、あちこちにお神輿がおるねんもーん(>_<))

気温はそう高くないとは言え、直射日光を受けながらの2時間は黒毛にはやはり暑く、ゴハンの後にはもう行き倒れる親子。(上:ラン 下:コナン)

rc

床に敷き詰めてるマットが、日本庭園のような模様に写りました。
マットにこんな模様はついてないのに、なんで???

母と娘の『開き』

写真の整理をしていたら、子犬の頃のランの『開き』写真を発見。

r



そして、お嫁入りしたランの娘(コナンのお姉ちゃん)の『開き』写真も発見。

m



わはは~。
子犬の『開き』、めっちゃ可愛い~♪
とか言うてるから、なかなか整理が進まへんねんな。



台風

ふーじー家地方の台風通過時の暴風、すごかったです。
家が揺れてました。
めっちゃ怖かったです。(>_<)



rc

家の中ではランコナ台風が吹き荒れてます。
(お散歩に行けなかった分、ガウガウも激しさを増してます。)


とりとめのないお散歩話

この時期はあちこちで運動会の練習をしているので、ヨーイ、ドンッ!のピストルの音が苦手なランの為に、運動会の練習をしている学校の近辺を避けてお散歩しています。


途中休憩をした公園のグランドでは、コナンが何かをじぃ~~~~~っと見つめたままで、呼んでも全然振り返ってくれません。


コナ~ン。
あれ?
コ~ナ~ン~!


コナン:「……」

c


ふーんだ、いいもんねー。
おかーさんには、ランがおるもんねー。
なぁ、ラン~♪


ラン:「あ、トリさ~ん。 どうやったらそんなに飛べるんですか?」

r


あらら…、ランまでよそを向いちゃってます。(悲)



そんなお散歩の帰り道で見つけたライオンちゃん。↓
(強気眉毛がイモトみたい)

lion

母ちゃん、元気出せよ!と言ってくれてるような気がしました。



プロフィール

ランコナの母ふーじー

Author:ランコナの母ふーじー
:ふーじー:
とある秋の日生まれ
好き=いかなごのくぎ煮
苦手=機械操作
大嫌い=高い所 狭い所

:ラン:
2000.08.09生まれ
好き=ゴハン オヤツ 散歩
苦手=爪切り よその人
大嫌い=自転車の前カゴ

:コナン:
2003.01.29生まれ
好き=自転車でランニング
苦手=シャンプー 一人で留守番
大嫌い=ランママ以外の犬

最新記事
最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。